大腸がんは発見しやすいから日々の体調に注目|健康第一治療

病院

早期発見が大事です

腹痛

自覚症状がない

現在日本において大腸がんが急速に増加しています。元々は日本人に少ないとされてきた病気ですが、主にその原因は食生活の欧米化と生活スタイルによると考えられます。大腸がんの初期の状態では自覚症状がなく特別な症状も出ません。ですので見落としやすい危険性がありますので、次の様な症状が出たらすぐに専門医に掛かる事が必要です。血便が出てしまう、便秘と下痢を繰り返す、排便してもすっきりしないなど便に関する症状は特に注意が必要です。更におなかが張る、貧血を起こす、体重が減るなど体の症状も大腸がんに多く見られる初期症状です。特に血便に関しては痔と勘違いする事で発見に遅れてしまい最悪命取りになってしまう事もありますので、血便が続くようであれば診察を仰ぐ事が必要です。

早期なら100%近く治る

癌は恐ろしい病気で、医療が進歩した現代でも日本人の死亡原因の一位です。しかし大腸がんは早期に発見できれば100%近い確率で治せる病気なのです。もし早期の大腸がんを見落とした事で命を落とす様な事ともなれば、残るのは悔しさではないでしょうか。したがって、大腸がんを早期の段階で見付ける事が重要です。先に述べた自覚症状があれば、もちろん早目に病院に行く事です。それに加え普段から大腸がん検査を受ける習慣をつける事も必要かと思います。市町村や職場で受ける集団検診、または人間ドックに申し込めば簡単に検査を受けられます。検査内容は、問診と血便検査が主ですが、疑いがある場合などは内視鏡検査で詳しく調べる事ができます。

腫瘍による腹膜炎の新治療

腹痛

胃や腸・子宮・卵巣など、腹腔内にできたがんが腹膜に転移すると、転移性腹膜炎という病気になります。これは従来治療法がほとんどない病気とされてきました。しかし免疫療法の改良が進み、ナチュラルキラー細胞を従来より大幅に活性化させて体内に戻すことで、進行した転移性腹膜炎が改善した例も報告され始めています。

すい臓にできるがん

病院

すい臓がんはがんの王様といわれるほど治しにくいがんで、身体の奥のほうにあるために発見もされにくいです。そのためにすい臓がんに特化した検査を行い早期発見する必要があります。また発見手術した後には再発の可能性があるので、再発を防いだりインスリンの分泌が止まるのでインスリンの自己注射の必要性があります。

把握しておく事

医者

肝臓は体にとって大事ですが、何かおきてても気付きにくい箇所とされています。その肝臓に起きる病気で重いので肝臓がんなどがあります。これはなの通りがんのため治療する必要があります。